【ワークマン 冬手袋】低登山にもおすすめ。スマホ対応でコスパ最高!

ワークマンの手袋「スタンダードグローブ」の全体の様子

こんにちは、ハルです。

だんだん涼しくなってきたので、最近は秋・冬の登山やハイキングに向けての防寒アイテムをチェックし始めました!

 

みなさんは、登山用の手袋や帽子はどういったものを選んでいますか?

 

私は気に入ったものがあれば、並んででも買うのですが、見つからない時は「お気に入り」が見つかるまでなかなか購入に踏み切れないタイプです。

 

今年もまだ気に入った手袋が見つかっていないのですが、ひとまず見つかるまでの代替え品として、とてもコスパの良い手袋を見つけたので、ご紹介!

(防寒用品はひとまず「持っていないと」どうにもならないので…。)

 

それは、「ワークマン」の手袋、「STANDARD GLOVE」 。

ワークマンの手袋「スタンダードグローブ」をお店で見つける

値段はなんと、税込み499円! 安い〜! 縫製も案外しっかりしています。

 

ワークマンのショップ外観

この手袋に限らず、「ワークマン」にはアウトドアで使えそうな商品がたくさんありました。

 

「安くて」「値段の割にしっかりしてそう」なのが、試してみる気にさせるよ!

 

 

ココからチェック

冬用手袋、購入のポイント

わたしが求める「ポイント」

  • 低登山とハイキング、自転車乗車時用なので、最低限滑り止めが付いていれば良い。
  • 脱着しやすい。
  • かさばらない。
  • 防寒用といっても、モコモコし過ぎて指を動かしづらいのはNG。
  • ブランドロゴがあまり目立たない、シンプルなもの。
  • 代替え品であれば、安価なもの。

もしもそれなりのお金をかけるならば、「機能」プラス「デザイン」はこだわりたいところ。

 

ただ、「お気に入り」が見つかるまでの代替え品であれば、上記ポイントを最低限満たしていて、お値段が安ければ良いかな〜。

 

低登山とハイキングが主な使用用途なので、私はそこまで専門的な機能も求めていません。

 

「お気に入り」を見つけるのは労力が入りますね。

 

 

ココからチェック

昨年までの手袋 (無印・ユニクロ・100均)

無印、ユニクロ、100均の手袋

今年の1月に低登山に登り始めたので、その時に利用した手袋は無印ユニクロ、100均のもの。

3つ(無印ユニクロ、100均)とも、もともと持っていた手袋で「汚れても良い」「とりあえずの代替え品」として利用していました。

 

無印、ユニクロ、100均の手袋を丸めたところ

どれも、ストレッチなので手にピッタリして、脱着容易、そして「丸められる」のが、私としては好きなところ。

もちろん防水もなく、滑り止めもないですが、あまり困難な山には登らなかったので、特に不便なし。

※値段は無印ユニクロともに1000円弱ぐらいだったかな?

 

ユニクロの手袋をはめている

きちんとしたものを買おう、買おうと思っているうちに、春になってしまいました…。

 

でも、まあ、「見た目」はね、全く「おしゃれ」ではないですな…。

 

とりあえず、「防寒」してくれれば…ね。

ワークマンで見つけた手袋(STANDARD GLOVE )

ワークマン「スタンダードグローブ」の全体像1

ワークマンの手袋「スタンダードグローブ」の全体像2

ワークマン」で見つけた手袋、「STANDARD GLOVE」 は、499円とは思えない、しっかりとしたつくり。

ロゴが強調されていたりもせず、シンプルでどんな服装にも合わせやすそう

以前使っていた手袋より滑り止めも付いて、ハイキングや軽登山にも良いのでは?

 

この冬、ひとまず「お気に入り」が見つかるまでは、このワークマン手袋を使うつもりです。

 

注意
防水、防風ではないので、ご注意を。

 

この値段だと、試してみたくなる!

 

ココからチェック

 

※真冬のインナーにはこちらがおすすめ!

ミズノ ブレスサーモ レディース ウール ヘビーウエイト ロングタイツ の箱とタイツがテーブルの上に置かれている【ミズノ ブレスサーモ タイツ レビュー】日本製!冬登山のおすすめインナー。暖かくムレにくい!

 

大きさ

ワークマン「スタンダードグローブ」の大きさ

購入したのは、Mサイズ。他にもLサイズもありました。

中指から手首まで、長さが約22.5cm〜23cm

手首の幅が約8cm

 

ワークマン「スタンダードグローブ」の横からみた姿

私は女性ですが、手首が若干大きいけれど許容範囲。

 

ワークマン「スタンダードグローブ」をはめて手のひら側の様子

まさかの、嬉しいスマホ対応です!

 

ワークマン「スタンダードグローブ」の上からみた状態

上から見た状態。シンプルで、ロゴもなく良い感じです。

 

重さ

ワークマン「スタンダードグローブ」を計りで重さを計っている

重さ:Mサイズで約45g。わりと軽い

 

素材・特徴

ワークマン「スタンダードグローブ」のスマホ対応

素材は本体が「ポリエステル」「ポリウレタン」。

滑り止めが「シリコンゴム」。

 

ワークマンの手袋「スタンダードグローブ」の裏地の様子

内側は保温効果の高い裏起毛タイプ。温かいが、モコモコしすぎていない

 

ワークマンの手袋「スタンダードグローブ」のフックがついている様子

クリップ?も付いていて、片割れが無くならないような配慮も。

 

ワークマンの手袋「スタンダードグローブ」の指先の縫製おもて

ワークマンの手袋「スタンダードグローブ」の指先の縫製裏側

縫製も499円にしては比較的きれい。しっかりしています。

 

まとめ

今回のポイント

  • ワークマン」は値段も機能性もある「コスパ良し商品がたくさん!
  • アウトドア用品の視点で見てみると、良い商品が見つかるかも?

はじめてワークマンで買い物をしました。

 

今回はハイキング、低登山用、自転車乗車用としての手袋を購入しましたが、他にも靴下やニット帽など、安くて機能的にも「アウトドアで使える」商品がたくさんありそう。

 

「質」は高く、値段は「安い」商品の多さから「時間をかけて、もっとじっくり見てみたい!そんなワクワクした気持ちになるお店です。

 

手袋もこの1種類だけではなく、防風用や別素材など、他にも多種類あるので、気になった方は直接足を運んでみては?

 

私の行ったお店は、朝7時から開いてたよ!

 

予想以上にアウトドアに適したお買い得な商品が見つかるかも!?

 

 

それでは、今日もすてきな一日を。

 

 

注意
「登山用」として売られている商品ではありません。個人的にお試しした感想ですのでご理解ください。

ココからチェック



こちらの「登山用品」もおすすめですよ!

サーモススープジャー500mlとポーチ、スプーンのセットが机に置かれている【サーモス スープジャー500ml】お弁当や登山でも大活用!おすすめ口コミ 黄色の軽量財布とノートとバッグアウトドア・登山用の財布をおしゃれな【DELFONICS】に決めた5つの理由

防災時、アウトドア、普段使いにも

SONY(ソニー) ICF-B99を手に持っている【SONY 防災ラジオICF-B99使ってみた! 】手回し、ソーラー、スマホ充電可能でおすすめ万能ラジオ!

登山をはじめる時に役立った本はこちら

夕日をバッグに本を読んでいる少年の陰【厳選】初心者におすすめ登山本2冊・東京山登り

ランドネやるるぶが読み放題でおすすめ

ブック放題のアイキャッチ【電子書籍 ブック放題口コミ】dマガジンとの違いは?るるぶ目当てに使ってみた!

無料のパンフレットもおすすめ

東京西多摩エリア観光パンフレット4枚が机に並んでいる【東京西多摩ハイキング】無料!初心者にもおすすめ観光パンフレット

 

「マイボトル」はこちらがおすすめ!

タイガー水筒サハラマグ夢重力の200ml、500ml、600mlのサイズがテーブルに置かれている【タイガー水筒 5年利用レビュー】サハラマグ夢重力 保温も保冷も◎ マイボトルにおすすめ!

 山やハイキングで癒されませんか?
高尾山からの夜景【初心者OK】夏の高尾山で夜間登山 夜景もキレイでおすすめ! 高尾山6号路の飛び石の道を登っている男性【高尾山で夕方から夜間登山】第二弾 6号路コース 自然と夜景満喫でおすすめ! 三頭大滝アイキャッチ用【檜原村 滝めぐり】東京唯一の村で50ヶ所もの滝!ハイキング観光の穴場

都心で「文学散歩」も楽しい!
漱石山房記念館の外観【漱石山房記念館・漱石公園】夏目漱石の記念館へ。新宿区早稲田の都心で文学さんぽ 山本有三記念館の裏側からみた建物【三鷹 山本有三記念館】大正ロマン! 豪華な洋風建築と緑豊かな公園を満喫